商社マンと結婚すると分かる4つのメリット!

大手総合商社に勤める男性は、結婚相手として優良物件なのは間違いありません。大手商社マンと結婚すると、男性と女性の年齢が釣り合いながらも、男性側が高収入であるため、結婚した当初から経済的に余裕のある生活が送れます。「そろそろ結婚を考えている」という女性にとって、商社マンは非常に魅力の多い相手なのです。

 

商社マンと結婚するとどのようなメリットがあるのでしょうか?以下で、商社マンと結婚するメリットをお伝えします。

 

 

【1】高収入で余裕のある生活が送れる

大手総合商社に勤める商社マンは、総じて年収が高いです。勤め始めてまだあまり年数のたっていない、30代前半のうちから年収が1000万円を超えることも珍しくありません。推定生涯年収は他の業種と比較しても非常に高く、5億円とも言われています。

 

年収が1000万円以上あれば、何らかの事故が起こらない限り、生活する上で金銭的に困ることはほとんどありません。新居を購入するときにも金銭面で苦労することはないでしょうし、子育てをする上でも余裕が生まれます。

 

高収入の商社マンと結婚すると、結婚した当初から、収入の面で圧倒的に安定した生活が送れます。収入が安定していると、将来子どもを産んで育てる際にも安心できます。商社マンは結婚相手としても、またともに家庭を築いていく相手としても優れているのです。

 

 

【2】専業主婦になれる可能性が高い

現在、会社に勤めていて、「仕事が自分に合っていない」と感じ、悩む女性は案外多いのではないでしょうか。また、メディアなどに日々取り上げられている、華やかな生活を送る「セレブな専業主婦」に憧れる女性も大勢いることでしょう。

 

大手総合商社に勤める商社マンと結婚すると、男性の年収が高いため、女性が自ら働かずとも、専業主婦として生活していくことができます。満員電車で毎日通勤する必要もなく、家にいて家事や子どもの世話、自分の趣味などを楽しみながら家庭を築いていく、そんな専業主婦になれるのです。

 

専業主婦になれる女性は、今の世の中では数少ないと言えます。男性の収入が以前より減っているため、結婚した後も共稼ぎして生活していく女性が増えています。現代において、高収入な大手商社マンと結婚する女性は、完全に専業主婦として生きていくことができる、セレブな存在であると言えます。

 

 

【3】周りから羨ましがられる、高く評価される

大手商社マンは、社会の中で一定以上の信頼や地位を得ています。「大手総合商社に就職し、毎日成果を上げている」ということで、社会人として一流であるという証を得ているのです。高収入はその成果報酬と言えるでしょう。

 

商社マンと結婚することによって、結婚相手となった女性にも、「一定以上のレベルを持った立派な女性である」という評価が与えられます。社会人として一流である大手商社マンから選ばれることは、すなわち、女性にもそれだけの価値がある、一人の人間として優れていると思われるのです。

 

大手商社マンと結婚すると、女性自身も周りから高い評価を受けることができます。それは一見目には見えませんが、結婚生活が進むにつれ、社会との頼りがいのあるつながりとなります。周りからの信頼を得ることで、社会生活を営みやすくなるのです。

 

 

【4】一人の時間も確保しやすい

専業主婦として生活することができるということは、自分一人の時間を楽しむことができるということでもあります。夫の収入に余裕があるため、子育てのさまざまなサポートも金銭的に余裕を持って受けられます。そうして得た時間を自分のために使えるのです。

 

一人の時間が自由に使えると、さまざまなメリットがあります。例えば、ママ友とのランチを楽しんだり、ジムに通って運動やヨガをしたり、エステサロンに通って自らの体を癒したり。女性は自由に使える一人の時間を通して、自らの心身を磨くことができます。

 

毎日働いていると、一人の時間をなかなか確保できないという女性も多いことでしょう。高収入な大手商社マンと結婚すると、一人の自由な時間を多く得ることができ、その時間を「自分磨き」に当てることで、他の女性に一歩も二歩も差を付けることができます。

 

商社マンの結婚相手は、どんな女性が多い?3つの特徴

商社マンとの結婚…女性なら憧れますよね。大企業に勤めていて、仕事ができて…。結婚すればきっと周りの人たちから羨まがられることでしょう。
そんな大手総合商社に勤める男性と結婚する女性は、どんな女性が多いのか例を挙げながら説明していきます。

 

【1】臨機応変に対応できる女性

商社マンは、とにかく仕事が忙しいです。常に会社の最前線で働いているので当然ですね。ですから、そんな商社マンと結婚する女性には、どれだけ臨機応変に対応できるかが自然と求められてきます。

 

というのも商社マンにとって残業は当たり前のようにあります。せっかく料理を作って待っていても、なかなか帰ってこないことなんて良くあることです。更に、突然の「付き合いでの会食」も起こりがちです。それにいちいち目くじらを立てていも仕方がありません。本人もそうしたくてしている訳ではないことを理解し、「友人を呼んで代わりに食べてもらう」や「冷凍保存」して文句言わず上手く対応できる女性が多いです。
そして、そんな女性は突然の国内出張や、長期の海外出張になってしまってもうまく対応し、慌てることなく送り出します。何か起こった時に慌てることなく、一緒に準備したりと夫婦にしっかりと「パートナー感」があり、頭の回転が速く一歩先を読んで行動できる、そんな女性ですね。

 

 

【2】一緒にいて癒される女性

世界を股にかけて仕事をしている商社マンですから、日ごろのストレスやプレッシャーはかなりあります。なので、そんな商社マンと結婚している女性は、「一緒にいると癒される」人が多いです。激務を終えて家に帰っても、いちいち細かく聞いてきたり愚痴を聞かないといけない女性だと疲れてしまいますよね。仕事が終わったらゆっくりと過ごしたいのは当たり前なので、穏やかで笑顔の多い女性が多いです。

 

仕事のことをとやかく言うことなく癒される女性は他の職業の男性も好むでしょうが、商社マンは特にこの傾向が強いです。むしろ逆に、「一切仕事のことについて自分からは触れない」方が多いです。仕事のことを聞くことによって、頭から仕事のことが離れないことお良く分かっているのでしょう。
「言いたいことがあるなら自分から言ってくるだろう」程度に軽く考えるようですが、きっとこれが結果として旦那さんにプレッシャーを与えない方法だと理解しているのです。

 

 

【3】自立心のある女性

いつも誰かに甘えている女性っていませんか?男性も女性に甘えられるのは悪い気はしないでしょうし、嬉しいことだと考える男性は多いです。しかし商社マンはこれに当てはまらないことも多いのです。日ごろ忙しくしている中で、小さなことを頼まれるのは面倒に感じます。

 

例えば、「〇〇を買いたいから一緒にいこう」や「電球を交換して」など、一人でできる女性の方が好まれます。また国内のみならず海外出張も多い職業なので、帰宅してからあれやこれやと言われて、溜まった用事をすませるのは大変です。商社マンの結婚相手は専業主婦であることがほとんどなのですが、なのでその空いた時間に家のことなど自分で全てできてしまう女性がほとんどで、旦那さんは仕事だけに没頭できるような環境かつくられています。

 

そして、そんな自立心のある女性ですから旦那さんだけではなく、しっかりと自分の世界をもっています。空いている時間は、友人と過ごすなり趣味をつくって没頭したり、習い事をするなりして活動しています。そして自分の用事があればサッと済ませ、旦那さんから用事を頼まれればすぐに行動します。
狭い世界に閉じこもるのではなく、いろいろなことにチャレンジして自分の世界を家庭とは別に持っている方が多いです。むしろ自分の趣味が忙しく、旦那さんの方が寂しがってしまう…なんてこともありますから。

 

 

商社マンとの結婚で苦労するところ・大変なところ5選

年収の高い大手商社マンと結婚したら家庭は安泰、商社マンは結婚相手としてかなりの優良物件です。しかし、大手商社マンとの結婚にはそれなりの苦労や大変さがあります。結婚前に、どんな苦労や大変なことがあるのかを知っておき、結婚してからガッカリしないよう注意してください。

【1】仕事の忙しさから家事・育児は妻任せ

商社マンは激務です。なかなか家に帰ってこないどころか、「いつ何時に家に帰る」という連絡さえもらえないことが多いでしょう。当然のように家事や育児は妻任せになってしまいますが、それを夫にとがめたとしても「仕事が忙しい」と言われ、逃げられる可能性が高いのです。

 

夫は家族のため、そして自分の将来のために商社マンとして激務に耐えていますから、妻から責められることで浮気に走る人もいます。それがますます夫婦仲の悪化を加速させることから、商社マンと結婚するとなれば、家のことを任せきりにされたとしても、妻は耐えることを強いられます

 

【2】仕事の付き合いで家に帰ってこない

大手商社マンが激務なのはただ単に仕事が忙しいだけではなく、労働時間外での上司や部下、取引先との付き合いがあるからです。接待として毎日のようにキャバクラなどの夜のお店へ行くこともありますし、合コンに誘われることもあります。妻は夫が他の女性と出会って会話する機会が多いという問題を、黙って受け止めてくれるように、夫から無言の圧力をかけられるのです。

 

忍耐強く、そして「夫は商社マンで、仕事のためなのだから仕方がない」と思える女性でないと、商社マンとの結婚は難しいでしょう。嫉妬深くて、束縛気質のある女性の場合は、仕事だと割り切って考えられず、夫が浮気をしているのではないか?と悩んで、精神的に苦労することになります。

 

【3】国内・国外問わず転勤が多い

国内だけではなく海外にも支店のある大手商社マンは、最短1年、最長でも3~4年単位で国内・国外問わず転勤があります。短期の出張が多いだけではなく、年単位の転勤があることから、商社マンと結婚すると転勤の度に引っ越しに付き合わなければならないという問題が出てくるでしょう。転勤先もアメリカや中国などの近隣諸国だけではありません、カンボジアなどの未開拓の地へ赴くことだってあるのです。

 

転勤に付いていく場合、海外の国のマナーや言葉に戸惑うという苦労があります。転勤にはついていかずに、1人あるいは子供と夫の帰りを待つ場合、寂しさや心細さに苦労することでしょう。

 

【4】家で夫の部下や仕事関係者を接待しなければならない

商社マンである夫の、部下または上司などの仕事関係者を自宅に招き、接待をしなければならないという苦労や大変さがあります。特に海外転勤となり、夫についていった場合、転勤先がアメリカなどの国だと、毎週末ホームパーティーを開くということになるでしょう。

 

自宅に招くのですから、掃除はもちろん、料理だって完璧にこなす必要があります。部屋のインテリアにもこだわらなければいけません。商社マンと結婚するといつでもどんな時でも、妻にまで接待を求められる、心も体も休む暇がないという忙しさが待っています

 

【5】妻も教養と語学力、学歴を求められる

商社マンと結婚すると、会社関係のパーティーに夫婦揃って招待されることが多いのです。そこで妻に求められる役割は、夫を立てること、そして夫同様の教養と語学力、そして学歴です

 

国内・国外問わず年中飛び回っている大手商社マンには、とくに高い語学力を求められます。その妻も商社マンである夫と同様のレベルの人間ではないと周りに思われてしまえば、夫は会社で恥をかくことになってしまうのです。

 

パーティーでは夫達が仕事の話しをしている間、商社マンの妻達で交流を持たなければなりません。その際に一般レベル以上の教養、語学力や学歴がないと、話しに混ざれないという苦労もあるでしょう。

 

まとめ

高学歴・高年収のハイスペック男性である大手商社マン。商社マンと結婚すると、想像もしなかった苦労や大変さを実感することでしょう。しかし、その苦労に耐えてこそ、ハイスペック男性の代表でもある大手商社マンの収入による、豊かな暮らしが手に入るのです。

 
大手商社マンと結婚したいなら、教養と語学力を身につけてるべきです。そうすれば、商社マンとの結婚に一歩近づくはずです。