商社マンがモテる4つの理由!

大手総合商社に勤める男性は、公務員の男性と並んで女性からの人気が高い職業です。その高収入ぶりや、学歴や経歴の良さに憧れ、婚活や恋活の場において商社マンと聞くだけで目を光らせる女性は多いですね。

 

ところで、商社マンはなぜそこまでモテるのでしょうか?確かに商社マンの男性の魅力はたくさんあれども、具体的にこんなところが素敵!と言える女性は結構少ないはずです。

 

商社マンの男性の魅力を知れば、もし結婚したときどんな幸せが待っているかもイメージしやすいでしょう。そこで今回は商社マンの男性が持てる理由について、解説していきたいと思います。商社マンに興味がある女性の皆さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

高収入かつ安定収入

大手総合商社勤めということは、かなり高水準のお給料を貰っていることは間違いないでしょう。お金が全てではないですが、高収入であることは、女性にとって理想の男性に持っていて欲しい特徴の一つとしてかなり大きな部分です。

 

商社マンの男性は若いうちから高いお給料を貰っていることが多いため、まだ新卒にも近い男性でも、高収入に期待できることは女性にとっても嬉しいことです。

 

しかも誰もが知っているような大手総合商社は、会社が倒産したり、リストラにあうようなことはそうそうないと言ってよいでしょう。その点公務員にも近いくらい安定している職業なのです。

 

コミュニケーション力が高い

商社マンは人間的に優れた人が多く、「さすがは商社に入社するだけのことはある」と納得させられるような魅力ある男性が多いです。職業柄、営業をやったり、たくさんの人と接する機会も多いので、コミュニケーション能力は非常に高いです。

 

コミュニケーション能力の高い男性は、女性から非常に好かれる傾向にあります。女性はお話が達者な男性に憧れる傾向が強く、お話が面白い男性はそれだけ自分に自信を持っている証になります。自信に満ちた男らしい男性を好きな女性は多いですよね。

 

また、コミュニケーション能力の高さは気配りが上手いことの証でもあります。商社マンは上司、先輩、取引先の人などとたくさん接してきていることで、周囲への気配りを欠かさない姿勢は自然と染みついているものです。その気配りは、女性を喜ばせることにも大いに役立つものです。

 

賢くて知的

商社マンの男性は、賢く知的な人が多いのも大きな魅力の一つです。そもそも大手総合商社に入社するなんて、並みの学歴では叶うものではありません。商社マンには国立大卒や有名私立卒の人は当たり前にゴロゴロといるものです。

 

その学歴が物語るように、商社マンには頭が非常に切れる男性が多いのです。仕事内容も難しいことが多いでしょうし、ある水準の賢さがなければ務まらないでしょう。雑学や知識も豊富で、一緒にいて話が楽しいと思うこともたくさんあるでしょう。

 

非常にためになる話、生産性の高い話をする男性は、女性にとっても魅力的です。知的な男性を夫に持ったら、毎日を有意義に過ごせそうですよね。最近はインテリ系の男性も女性にとってとても人気が高いのです。

 

商社マンというブランド価値

女性にとって、外から見て誰でもわかる「ブランド価値」というものは意外と大事なものです。大手商社勤めと聞いたら、それだけで「すごい!」「かっこいい!」と思う女性は多いですよね。

 

商社マンは確かに周囲に対しても非常に印象が良いです。世間体や自分のステータスを上げることに固執する女性は、特に夫にブランド価値を求めるところがあります。

 

実際に商社マンと聞くだけで良い印象を持たれたり、羨ましがられることは多いはずです。それだけで夫のかっこよさが何倍にも増して見えることもあるでしょう。商社マンの男性が好かれる理由はこのようなブランド価値を求める女性が結構多いということもあげられるのです。

商社マン4つの特徴!どんな特徴を持った男性が多い?

大手総合商社に勤める商社マンは、日本経済を引っ張る存在で、大きな金額を扱い、社内では責任のある仕事に務める人達が多いです。そのため、クセのある人達が多いのも事実です。商社マンは、まさに「世界を股にかけて」仕事しているような人達ばかりなので、われわれ一般人からすると常識が違うことが多々あります。

 

それでは、商社マンはどんな特徴をもった男性が多いのでしょうか?

 

【1】物事を論理的に考える

女性は感情表現が豊かです。なので感情で動いたり喋ったりと、とにかく感情で動くことが多いです。ですが、男性、特に商社マンは真反対といっても良いです。論理的に考え、論理的に行動します。
商社マンは仕事ができます。そして日ごろの仕事にプライドをもってしっかりこなしています。仕事には感情が必要な場面もありますが、商社マンは感情を抑えることが大事な仕事です。感情ではなく、「いかに論理的に説明して感情を抑えて交渉するか」ということを商社マンは常日頃から仕事でやっています。なので、すごく論理的で現実的な人が多いです。

 

もし女性が感情的になっても、論理的な会話を求めたる人が多いのが特徴です。起こったことに対しての説明を求める人や、「どうしてそう思うのか?」や「それを改善するためには?」など、まるで仕事のような会話をしてくることが多いです。感情論はいっさい通用しないと思っておいた方か良いでしょう。彼らは常に「論理」を求めています。多くの男性も論理的ですが、「一般男性に輪をかけて」論理的な人が多いです。

 

 

【2】とにかく忙しい

商社マンは、とにかく仕事が忙しいです。それが休みの日であっても、なかには仕事に関する調べものをしたり、資料を作成したりなどしている人もいます。日々業務に追われているので、特に時間には厳しい人が多いです。
もし商社マンの男性と待ち合わせをしていて遅刻なんてしようものなら…一気に印象を落としてしまうことになりかねません。商社マンは時間にルーズな人が嫌いなことが多いのも特徴の一つです。

 

それと日ごろの仕事で、動く金額が一般の人と会社員なんかと比べると格段に多いです。仕事内容や立場によっては、何億のお金が動くなんてこともよくあることなので、仕事のストレスやプレッシャーが半端ではありません。仕事はお金の動く額だけが大事ではないですが、やはり億単位のお金が動くとなれば、やはりプレッシャーは大きいのです。

 

そして彼らはそれを成功させるために努力しています。そのため、時間は商社マンにとって貴重なものなので、その時間を無駄に過ごさせるような相手を嫌うことが多いです。「待つんだったら仕事すればよかった」なんて思うようです。

 

 

【3】行動力がありすぎる

商社マンはとにかく行動力がある人が多いです。普段の仕事でも行動力が求められる場面が多いので、それがプライベートでも垣間見えます。
海外出張なんかも当然多いので、海外に行くことも慣れていますし、国内であれば離れた距離であっても「近い」という感覚の方も多いです。そんな海外に比べると近いという感覚があるので、突然一人で県をまたいで出かける人も多いなど、とにかく行動力があります。

 

【4】コミュニケーション上手

商社マンはコミュニケーション上手の人が多いです。国内・海外問わず、いろいろな人と出会い、交渉をする場面が多いので、自ずとコミュニケーション力が鍛えられるのでしょう。人当たりがよく、喋りも上手です。商社マンが女性から人気が高いのは、お給料が高いことや安定しているというだけではなく、誰よりもコミュニケーション上手な人が多いという印象があるからでしょう。

 

まとめ

商社マンと聞くと、自分とは住む世界が違ったり、エリートというイメージから、一見とっつきにくい印象を受ける人も多いかもしれません。
確かに商社マンは、プライドが高かったり感情論は通じなかったりと、女性には理解できないこともあるかもしれません。ですが、すごく仕事のできる真面目な人が多いです。実際、普通に生活していては味わえないプレッシャーを日々抱えていますから、ストレスが多く、女性に癒しを求めている人も多いです。
商社マンとお付き合いすると、突然連絡が取れなくなってしまうことも普通にあるので、あまり細かいことは気にしない方が良いでしょう。連絡が取りにくいのは、彼らにとって普通のことであり、たいしたことではありません。