商社マンの結婚相手は、どんな女性が多い?3つの特徴

商社マンとの結婚…女性なら憧れますよね。大企業に勤めていて、仕事ができて…。結婚すればきっと周りの人たちから羨まがられることでしょう。
そんな大手総合商社に勤める男性と結婚する女性は、どんな女性が多いのか例を挙げながら説明していきます。

 

【1】臨機応変に対応できる女性

商社マンは、とにかく仕事が忙しいです。常に会社の最前線で働いているので当然ですね。ですから、そんな商社マンと結婚する女性には、どれだけ臨機応変に対応できるかが自然と求められてきます。

 

というのも商社マンにとって残業は当たり前のようにあります。せっかく料理を作って待っていても、なかなか帰ってこないことなんて良くあることです。更に、突然の「付き合いでの会食」も起こりがちです。それにいちいち目くじらを立てていも仕方がありません。本人もそうしたくてしている訳ではないことを理解し、「友人を呼んで代わりに食べてもらう」や「冷凍保存」して文句言わず上手く対応できる女性が多いです。
そして、そんな女性は突然の国内出張や、長期の海外出張になってしまってもうまく対応し、慌てることなく送り出します。何か起こった時に慌てることなく、一緒に準備したりと夫婦にしっかりと「パートナー感」があり、頭の回転が速く一歩先を読んで行動できる、そんな女性ですね。

 

 

【2】一緒にいて癒される女性

世界を股にかけて仕事をしている商社マンですから、日ごろのストレスやプレッシャーはかなりあります。なので、そんな商社マンと結婚している女性は、「一緒にいると癒される」人が多いです。激務を終えて家に帰っても、いちいち細かく聞いてきたり愚痴を聞かないといけない女性だと疲れてしまいますよね。仕事が終わったらゆっくりと過ごしたいのは当たり前なので、穏やかで笑顔の多い女性が多いです。

 

仕事のことをとやかく言うことなく癒される女性は他の職業の男性も好むでしょうが、商社マンは特にこの傾向が強いです。むしろ逆に、「一切仕事のことについて自分からは触れない」方が多いです。仕事のことを聞くことによって、頭から仕事のことが離れないことお良く分かっているのでしょう。
「言いたいことがあるなら自分から言ってくるだろう」程度に軽く考えるようですが、きっとこれが結果として旦那さんにプレッシャーを与えない方法だと理解しているのです。

 

 

【3】自立心のある女性

いつも誰かに甘えている女性っていませんか?男性も女性に甘えられるのは悪い気はしないでしょうし、嬉しいことだと考える男性は多いです。しかし商社マンはこれに当てはまらないことも多いのです。日ごろ忙しくしている中で、小さなことを頼まれるのは面倒に感じます。

 

例えば、「〇〇を買いたいから一緒にいこう」や「電球を交換して」など、一人でできる女性の方が好まれます。また国内のみならず海外出張も多い職業なので、帰宅してからあれやこれやと言われて、溜まった用事をすませるのは大変です。商社マンの結婚相手は専業主婦であることがほとんどなのですが、なのでその空いた時間に家のことなど自分で全てできてしまう女性がほとんどで、旦那さんは仕事だけに没頭できるような環境かつくられています。

 

そして、そんな自立心のある女性ですから旦那さんだけではなく、しっかりと自分の世界をもっています。空いている時間は、友人と過ごすなり趣味をつくって没頭したり、習い事をするなりして活動しています。そして自分の用事があればサッと済ませ、旦那さんから用事を頼まれればすぐに行動します。
狭い世界に閉じこもるのではなく、いろいろなことにチャレンジして自分の世界を家庭とは別に持っている方が多いです。むしろ自分の趣味が忙しく、旦那さんの方が寂しがってしまう…なんてこともありますから。