商社マンがモテる4つの理由!

大手総合商社に勤める男性は、公務員の男性と並んで女性からの人気が高い職業です。その高収入ぶりや、学歴や経歴の良さに憧れ、婚活や恋活の場において商社マンと聞くだけで目を光らせる女性は多いですね。

 

ところで、商社マンはなぜそこまでモテるのでしょうか?確かに商社マンの男性の魅力はたくさんあれども、具体的にこんなところが素敵!と言える女性は結構少ないはずです。

 

商社マンの男性の魅力を知れば、もし結婚したときどんな幸せが待っているかもイメージしやすいでしょう。そこで今回は商社マンの男性が持てる理由について、解説していきたいと思います。商社マンに興味がある女性の皆さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

高収入かつ安定収入

大手総合商社勤めということは、かなり高水準のお給料を貰っていることは間違いないでしょう。お金が全てではないですが、高収入であることは、女性にとって理想の男性に持っていて欲しい特徴の一つとしてかなり大きな部分です。

 

商社マンの男性は若いうちから高いお給料を貰っていることが多いため、まだ新卒にも近い男性でも、高収入に期待できることは女性にとっても嬉しいことです。

 

しかも誰もが知っているような大手総合商社は、会社が倒産したり、リストラにあうようなことはそうそうないと言ってよいでしょう。その点公務員にも近いくらい安定している職業なのです。

 

コミュニケーション力が高い

商社マンは人間的に優れた人が多く、「さすがは商社に入社するだけのことはある」と納得させられるような魅力ある男性が多いです。職業柄、営業をやったり、たくさんの人と接する機会も多いので、コミュニケーション能力は非常に高いです。

 

コミュニケーション能力の高い男性は、女性から非常に好かれる傾向にあります。女性はお話が達者な男性に憧れる傾向が強く、お話が面白い男性はそれだけ自分に自信を持っている証になります。自信に満ちた男らしい男性を好きな女性は多いですよね。

 

また、コミュニケーション能力の高さは気配りが上手いことの証でもあります。商社マンは上司、先輩、取引先の人などとたくさん接してきていることで、周囲への気配りを欠かさない姿勢は自然と染みついているものです。その気配りは、女性を喜ばせることにも大いに役立つものです。

 

賢くて知的

商社マンの男性は、賢く知的な人が多いのも大きな魅力の一つです。そもそも大手総合商社に入社するなんて、並みの学歴では叶うものではありません。商社マンには国立大卒や有名私立卒の人は当たり前にゴロゴロといるものです。

 

その学歴が物語るように、商社マンには頭が非常に切れる男性が多いのです。仕事内容も難しいことが多いでしょうし、ある水準の賢さがなければ務まらないでしょう。雑学や知識も豊富で、一緒にいて話が楽しいと思うこともたくさんあるでしょう。

 

非常にためになる話、生産性の高い話をする男性は、女性にとっても魅力的です。知的な男性を夫に持ったら、毎日を有意義に過ごせそうですよね。最近はインテリ系の男性も女性にとってとても人気が高いのです。

 

商社マンというブランド価値

女性にとって、外から見て誰でもわかる「ブランド価値」というものは意外と大事なものです。大手商社勤めと聞いたら、それだけで「すごい!」「かっこいい!」と思う女性は多いですよね。

 

商社マンは確かに周囲に対しても非常に印象が良いです。世間体や自分のステータスを上げることに固執する女性は、特に夫にブランド価値を求めるところがあります。

 

実際に商社マンと聞くだけで良い印象を持たれたり、羨ましがられることは多いはずです。それだけで夫のかっこよさが何倍にも増して見えることもあるでしょう。商社マンの男性が好かれる理由はこのようなブランド価値を求める女性が結構多いということもあげられるのです。