商社マン4つの特徴!どんな特徴を持った男性が多い?

大手総合商社に勤める商社マンは、日本経済を引っ張る存在で、大きな金額を扱い、社内では責任のある仕事に務める人達が多いです。そのため、クセのある人達が多いのも事実です。商社マンは、まさに「世界を股にかけて」仕事しているような人達ばかりなので、われわれ一般人からすると常識が違うことが多々あります。

 

それでは、商社マンはどんな特徴をもった男性が多いのでしょうか?

 

【1】物事を論理的に考える

女性は感情表現が豊かです。なので感情で動いたり喋ったりと、とにかく感情で動くことが多いです。ですが、男性、特に商社マンは真反対といっても良いです。論理的に考え、論理的に行動します。
商社マンは仕事ができます。そして日ごろの仕事にプライドをもってしっかりこなしています。仕事には感情が必要な場面もありますが、商社マンは感情を抑えることが大事な仕事です。感情ではなく、「いかに論理的に説明して感情を抑えて交渉するか」ということを商社マンは常日頃から仕事でやっています。なので、すごく論理的で現実的な人が多いです。

 

もし女性が感情的になっても、論理的な会話を求めたる人が多いのが特徴です。起こったことに対しての説明を求める人や、「どうしてそう思うのか?」や「それを改善するためには?」など、まるで仕事のような会話をしてくることが多いです。感情論はいっさい通用しないと思っておいた方か良いでしょう。彼らは常に「論理」を求めています。多くの男性も論理的ですが、「一般男性に輪をかけて」論理的な人が多いです。

 

 

【2】とにかく忙しい

商社マンは、とにかく仕事が忙しいです。それが休みの日であっても、なかには仕事に関する調べものをしたり、資料を作成したりなどしている人もいます。日々業務に追われているので、特に時間には厳しい人が多いです。
もし商社マンの男性と待ち合わせをしていて遅刻なんてしようものなら…一気に印象を落としてしまうことになりかねません。商社マンは時間にルーズな人が嫌いなことが多いのも特徴の一つです。

 

それと日ごろの仕事で、動く金額が一般の人と会社員なんかと比べると格段に多いです。仕事内容や立場によっては、何億のお金が動くなんてこともよくあることなので、仕事のストレスやプレッシャーが半端ではありません。仕事はお金の動く額だけが大事ではないですが、やはり億単位のお金が動くとなれば、やはりプレッシャーは大きいのです。

 

そして彼らはそれを成功させるために努力しています。そのため、時間は商社マンにとって貴重なものなので、その時間を無駄に過ごさせるような相手を嫌うことが多いです。「待つんだったら仕事すればよかった」なんて思うようです。

 

 

【3】行動力がありすぎる

商社マンはとにかく行動力がある人が多いです。普段の仕事でも行動力が求められる場面が多いので、それがプライベートでも垣間見えます。
海外出張なんかも当然多いので、海外に行くことも慣れていますし、国内であれば離れた距離であっても「近い」という感覚の方も多いです。そんな海外に比べると近いという感覚があるので、突然一人で県をまたいで出かける人も多いなど、とにかく行動力があります。

 

【4】コミュニケーション上手

商社マンはコミュニケーション上手の人が多いです。国内・海外問わず、いろいろな人と出会い、交渉をする場面が多いので、自ずとコミュニケーション力が鍛えられるのでしょう。人当たりがよく、喋りも上手です。商社マンが女性から人気が高いのは、お給料が高いことや安定しているというだけではなく、誰よりもコミュニケーション上手な人が多いという印象があるからでしょう。

 

まとめ

商社マンと聞くと、自分とは住む世界が違ったり、エリートというイメージから、一見とっつきにくい印象を受ける人も多いかもしれません。
確かに商社マンは、プライドが高かったり感情論は通じなかったりと、女性には理解できないこともあるかもしれません。ですが、すごく仕事のできる真面目な人が多いです。実際、普通に生活していては味わえないプレッシャーを日々抱えていますから、ストレスが多く、女性に癒しを求めている人も多いです。
商社マンとお付き合いすると、突然連絡が取れなくなってしまうことも普通にあるので、あまり細かいことは気にしない方が良いでしょう。連絡が取りにくいのは、彼らにとって普通のことであり、たいしたことではありません。